ジグザグの手巻きローラーの使用感について

  • はじめに
  • タバコは「20歳」からになりますがマナーを守って節煙/禁煙するように意識しましょう。また喫煙にまつわることを書いている記録記事もございますので喫煙が法律で禁じられている「20歳未満」の方はブラウザの「閉じる」で終了するようにして下さい。

  • なお当記録記事ではタバコ関連商品(巻きタバコ、電子タバコなど)を販売及び促進するコトを目的としている記事では無くて個人で楽しむ単純なDIY記録記事となります。
視聴者様から手巻きローラーはフィルターを変えればスリムサイズ以上の巻き巻きは出来ますかってご質問を頂いておりましたので3種類の各サイズで巻き巻きできるのかを為念で検証してみました。

なお使用する手巻きローラーは、皆様が愛用されているであろう人気のあるジグザグの手巻きローラーになります。

結果的には3種類の各サイズで巻き巻きするコトは普通にできたワケですが・・・。いろいろ為念確認するコトって大事であることを体験いたしましたー。
うーん・・・どうなんだろう。

3つの太さの違うフィルターを巻き巻きする

今回は手巻きローラーでいくつかのフィルターを巻き巻きしてみたいと思います。
えっと
レギュラーサイズとスリムサイズ、それからエクストラスリムと、この3つのフィルターを手巻きローラーで巻き巻きしていきましょう。
ちなみに
視聴者様からスリムサイズは吸いづらくて合わなかったのでレギュラーサイズでも手巻きローラーは使えますかってご質問をいただきまして、かんたんに出来るんじゃないのってお答えしたのですが、定番シャグのドラムオリジナルを巻き巻きしながら為念でレギュラーサイズで巻き巻きできるのかも含めて確認をしていきましょう。

細身のエクストラスリムに移行したい

皆様はレギュラーサイズで巻き巻きされていますでしょうか。
トマさんは経済的な観点と携帯性および喫煙時間を気にしてスリムサイズを主に巻き巻きしてきていまして最近は更に細身のエクストラスリムに移行したいかなって思っています。
そんなんでレギュラーサイズで巻き巻きすることはあまりないワケです。
なお手巻きローラーは、こちらのジグザグのレギュラーサイズ向けと思われる手巻きローラーを使って巻き巻きしていきましょう。


レギュラーサイズを巻き巻きする

それでは、もっともポピュラーな市販タバコと同じ太さでありますレギュラーサイズのフィルターとスモーキングブラウンの巻紙を使って巻き巻きしていきましょう。
ちなみに
巻き巻きの仕方は色々あるんでしょうけども、なんとなく左側にフィルターをセットして
いつも巻き巻きしています。
またシャグの量は適量を入れる感じでしょうか。
まぁシャグに湿り気がある場合には若干、少な目にしたりシャグの量は、おおよそ1グラム前後が良いようですが、もうね感覚で入れちゃっています。
ちなみに
レギュラーサイズを手巻きローラーで巻き巻きしますと、なんだか布に余裕がなくてローラーを回転させるのが若干硬めになります。なおレギュラーのフィルターは一番お安いであろうシャロウのスタンダードタイプになりまして直径は8ミリになります。
なんとなく
布に余裕がなかったために出来上がったタバコも形がいびつになっちゃいます。
これはトマさんが手巻きローラーを上手に扱えていないのか、それとも単純に道具がよろしくないのかまでは、よくわかりませんが、こんな感じになっちゃいますね。

スリムサイズを巻き巻きする

続いて
スリムサイズを手巻きローラーで巻き巻きしていきましょう。
ここからは、お気に入りのギザの巻紙を使っていきますね。

なおフィルターもお気に入りのピュアフィルターになりまして直径6ミリで長さはかなり長くて30ミリになります。まぁ一般の長さは18ミリとかでしょうから30ミリといったら倍近い長さになりますがシャグの量が少なくて済みますし味も決して悪いわけではありませんのでお得な巻き方かなと思ってお気に入りなわけです。
なお
巻き巻きしてみますと若干フィルターポロリしそうなのでフィルター側を入念に巻き巻きするようにして意識して巻くようにします。
あっ
ちなみに手巻きローラーの巻き数は手前に2~3回くらい巻くのが良いようですが、こちらも感覚で回転させていまして巻きすぎるとキツキツのタバコが出来上がっちゃいます。そんなんで程良いところで回転を止めるワケですがフィルターポロリをさせないためにもフィルター側だけにテンションをかけ続けて、さらに回転を続けてフィルターポロリを回避しようという作戦です。
なかなかに
吸い口側はユルユルですがフィルター側はきっちりと巻けている綺麗な感じの仕上がりになります。なんとなくレギュラーサイズよりもスリムサイズのほうが手巻きローラーの布にも余裕があって巻き巻きしやすって形も綺麗なタバコが作れている感じがしますかね。

エクストラ・スリムサイズを巻き巻きする

最後になりますが・・・
現在、トマさんがハマっておりますエクストラスリムサイズになりまして直径5.3ミリのマスコットフィルターを使っていきます。
こちらもスリムサイズ同様にフィルターポロリの可能性がございますので同じようにフィルター側にテンションをかけ続けてシャグも若干多めで巻き巻きしていきます。
えっと
エクストラスリムサイズは、きつめに巻き巻きしますと見た目がスタイリッシュでスマートになりますが結果的にキツキツなタバコが出来上がります。もちろんキツキツなタバコはドローが重くなるはずなのですが、そもそも細いタバコになりますからスリムサイズを喫煙するのと同じか若干、強く吸い込む形にはなりますがクールスモーキングがしやすくて、なんとなく味も濃く感じられる気がしますので現在、気に入っているフィルターになるわけです。
またエクストラスリム・サイズ向けのギゼの巻紙も良い感じでフィットしてくれていますので、なかなかにお気に入りな手巻き構成だったりするのは内緒です。

余談:ペロンチョ・タイミング

なお
余談ではありますが・・・
巻紙を糊付けする際に糊面をペロンチョするのですが以前は手巻きローラーにセットしてからペロンチョしていましたが、最近は巻紙を挿入する時点でペロンチョするようにしています。
この手順ですとリコリス紙を巻きミスする回数が格段に減った記憶がございましたのと手巻きローラーが机から大きく移動しないためにシャグを撒き散らさなくなりまして、なんとなくトータル的には先にペロンチョするのが良いように思います。
まぁ・・・あとにペロンチョするのが一般的にはなるんでしょうかね。
うーん・・・どうなんだろう。

総括:ジグザクの手巻きローラーはスリムサイズが良い?

そんな感じで3つのフィルターを使って巻き巻きしてきましたが如何でしたでしょうか。
総括しちゃいますとジグザクの手巻きローラーであればスリムサイズに近しい直径のものが巻きやすいって感じになりますが、どのサイズでも一応は巻き巻きできています。
もちろん
レバーが搭載された手巻きローラーも売っているようでしてレギュラーサイズとスリムサイズとをレバー操作によって手巻きローラーに明確に設定できるものもあるようですし視聴者様が気になっている手巻きローラーでレギュラーサイズを巻き巻きすることは、きっと標準的な手巻きローラーであれば、どのメーカーのものでも巻き巻きすることはできるかなって思います。
ちなみに
シャグによってフィルターサイズを使い分けてみたりするのも手巻きタバコならではの楽しみ方にはなりますので、いろいろなサイズで巻き巻きしていただくのも面白いかなって思います。
なお
フィルターにはサイズ以外にいろいろなタイプのものがございますので、いくつかのフィルターで巻き巻きしてお気に入りのフィルターを見つけていただき愉しく喫煙生活をお過ごしください。うーん・・・どうなんだろう。

さいご

あっ為念で視聴者様のご質問内容を確認しましたところコルツのローラーに関してのご質問のようでした・・・。(コルツの手巻きローラー限定のご質問だったようです。)

えっと検証観点を間違えてしまいました。なんだか申し訳ありません。
今後は色々と為念確認を怠らないように注意したいと思います。
うーん・・・どうなんだろう。

皆様はお好きなフィルターサイズで愉しく手巻きタバコ生活していただければ幸いです。
ではまた

ブログランキング・にほんブログ村へ ←にほんブログ村のランキングに、ポチっとご協力をお願いします。

0 件のコメント :

コメントを投稿

ブログのコメントはチェックできる体力が無いので申し訳ありませんが、youtubeの方へコメントをお願いいたします。